一周忌の香典や挨拶・服装のマナーについて

一周忌は故人がなくなって一年目の祥月命日に行う大事な年忌法要でとても重要とされています。大事な行事だけにいろいろマナーもあり、お参りに行く側は香典(御仏前)の金額の相場やお供え物の選び方、開催する側はお坊さんに渡すお布施の金額の相場や引き出物はどうすば良いか、案内状の書き方や挨拶の仕方、礼状などお返しの仕方、法要のときの服装など気を使うことは多くあります。このブログでは一周忌の香典や挨拶・服装のマナーなどについて説明していきます

法要の常識

   

Sponsored Links

一周忌法要の意味や常識について書いてみます。

亡くなった人の命日を基準として七日ごとに行う中陰法要(四十九日)により忌が明けます。

その後、命日から100日目に百か日、一年後の祥月命日に一周忌、3年後に三回忌、七回忌、13回忌・・・年忌法要がと行われていきます。

常識として一周忌で喪中が終わるので、とても大切な年忌法要になります。

主催の方は、法要の準備常識として、場所、日程などの決定・寺への依頼・位牌作り替え・法要案内状の製作と郵送・会食宴席の手配・お位牌(白木)(黒塗りの本位牌)写真(葬儀で使った大きいもの)お花(お寺の本堂に供えるものと、お墓用で二対)僧侶への謝礼・香典返し(引き出物)の準備をします。
こうしてみると、結構あるような気がしますね。

参列者としての常識で、まず服装は、一般的には一周忌の法事までは喪服を着ます
ない時はダークグレーや濃紺など地味なワンピース、スーツでを着るのが常識です。

ネクタイも明るい色のものや柄物はさけるのが常識で、シックな黒っぽい色のものにします。

また、法要の際に、僧侶による読経のあと食事がふるまわれるのが常識で、これは参列者へのお礼の気持ちをこめたお膳であると同時に、一同で故人を偲ぶための行事です。
亡くなった人を敬い、喪主挨拶後、供養する献杯も大切にする儀式です。

一周忌の法要には、常識では何を持って行けば良いのですかって考えます
「ご仏前」と故人が好きだった品物や参列者の引き出物になるお菓子などをお供え物としてが持っていくのが良いかと思います。

Sponsored Links

 - 一周忌マナー , , ,

  関連記事

no image
案内状を出すには

Sponsored Links 一周忌の案内状を送るにはどのようにすればいいので …

no image
お供え物を持参する

Sponsored Links 一周忌にお供え物を持参するのに、 どんな物が良い …

no image
のし について

Sponsored Links お供え物の贈答様式として、 一周忌の時はお悔やみ …

no image
マナーについて

Sponsored Links 一周忌の法要にはマナーにはつき物、 各地域ごとに …

no image
欠席するには

Sponsored Links 一周忌の参列を欠席するときはどのようにすればいい …


Sponsored Links