一周忌の項目、説明
一周忌を開催するときや、参列列するときに香典の金額、服装やマナー、挨拶やお布施などどのようにすればよいか困ったら、一周忌について調べましょう。

  • マナー、金額、 香典
  • お供え、法要、 服装
  • 挨拶、案内状、 御仏前
  • 香典袋、お返し、法事
  • お布施、挨拶状、案内
  • 表書き、あいさつ、餅
  • あいさつ文、ご仏前
  • 香典、相場、不祝儀袋
  • 浄土真宗 、案内文
  • 相場、礼状、葬儀
  • 費用、香典返し
  • 引き出物、冠婚葬祭
  • 御霊前、数え方


  • 一周忌は故人を偲び、冥福を祈るとても大事な行事です。
    一周忌を開催する、または参列する時には、を参考の一つとして当サイトをご利用下さい。

    一周忌の香典や挨拶・服装のマナーについて

    服装はどうすればいい

    一周忌の服装はどのような衣類を着て行けばいいのでしょうか。
    服装は葬儀の時は喪服って決まってるけど、一周忌のときは少し悩みますね。

    一般的に参列する時は、喪服や礼服なければ黒のスーツ・ドレスを着用するのが服装のマナーです。

    葬儀とは違い突然のことではなく、
    前もってわかっていることなので平服はさけ
    喪服等の服装をようにするよう心がけましょう。

    どうしても用意できなかった時はどのような服装にすればよいのでしょうか?

    そのような時は、できるだけ派手なものは除外し、
    ダーク系の落ち着いた服装にします。
    ネクタイは黒か地味なものにしてください、
    地味であっても絵柄物は避けます。

    女性は、ピアスや派手な指輪など
    アクセサリー類を外しておきましょう。
    ネイルアートなどもバツです。

    お子さん連れのときは、学生服や制服がベストです。
    制服がないお子さんは、黒っぽい服装を着せて行くようにします。

    法事の服装は1周忌までは基本的に喪服、3回忌、7回忌と経つにつれ
    簡素な服装にしていけばいいですが、地域によっては喪服のままの場合もあります。

    法事に関するマナーは最近は随分緩くなってきましたが
    昔からの地域特有のしきたりがあったりもしますので分からないことや心配があれば、前もって身内や近所のお年寄りに聞くようにしたほうがいいでしょう。

    「郷にいっては郷に従え」ということわざのように、
    その地域の習慣は、守るようにしましょう。


    冠婚葬祭などの礼儀基礎知識 - livedoor Blog 共通テーマ

    損益を最小限に